グルコサミンの効果と効能

健康成分として取り上げられる機会の多いグルコサミンは、ムコ多糖類の一種で主に爪や皮膚、軟骨や靭帯等に存在しています。

この成分は体内で生成され、組織の柔軟性や弾力性を保つ働きを持ちますが、年令を重ねるごとにその量が減少してしまいます。

そのため加齢すると、皮膚が硬くなったりハリを失ったり、軟骨がすり減ったりといった現象が起こるのです。

特に問題となるのが、軟骨についてです。

中高年の半数以上が悩まされる関節炎は、この軟骨のグルコサミンが減少したことで滑らかさを失い、やがてすり減り変形することで痛みが起こるとされています。

したがってこの成分が減少していくと、さらにすり減りや変形が激しくなり、ついには歩行が困難になるほど関節炎が悪化してしまう可能性が高くなるのです。

では、これを改善するにはいったいどうすれば良いのでしょうか。

それには、体内に足りなったこの成分を外から補給することで充足させ、軟骨を再生して痛みを改善することが求められます。

そのため、まずはこの成分を豊富に含んだ食品の摂取が必要ですが、代表的なものとしてあげられるのがやまいもやオクラ、フカヒレ、干しエビといったあまり日常的でないものが多く、これはかなり困難です。

そこで推奨されるのが、サプリメントの摂取です。

サプリなら常に安定して必要量を摂取でき、また元々体内にある成分ということで副作用の心配がないというメリットがあるのです。

また、サプリを摂取することでハリのある美肌になったという報告が多数寄せられています。

実は、これもグルコサミンの効能の1つで、弾力性と柔軟性が復活し、さらに水分を保持することから、肌が一気に若返ったように美しくなったのです。